イナズマイレブンオリオンの刻印38話感想

第38話 オリオンの真実

感想

今日はオリオン財団という組織が何故クズになったのかの理由が判明。まずはじめに言っておくと私はベルナルドに影山や千宮路のような不憫な過去があったとしても、一切擁護するつもりはない。それだけ。

クラリオがスペイン対アメリカ戦で2点取ってくれたおかげで、オリオンジャパンは決勝リーグに進めることが決まった。クラリオマジイケメン。だけど結局一試合も姿を見ることができなかったスターユニコーンのショーンたちが不憫すぎる・・・あと大谷ちゃんと杏奈って結果の伝達しかやってないよね。それと夏未お嬢最近見ないけどどこ行ったのかね?

明日人はロシア戦の前日に新条に助けられており、明日人の父親を名乗った真人は明日人をオリオンの仲間に引き込むためのエージェントだったようで偽物確定。これで新条が明日人の父親説がほぼ確定になったな。新条は明日人の本物の父親については何も知らないと言っていたが・・・あとなんで明日人は痩せたサスケがサスケだってわかったんだろう?

オリオン財団は元々フロイの父親ヴァレンティン・ギリカナンが全世界の子供たちを救うために作られた希望の象徴とも言える善良な組織だったようだ。ヴァレンティンはサッカーを愛しており世界中の貧しい子供たちにサッカーを広めていたようだ。新条はこの頃からの側近の模様。なんでこんな素晴らしい人の元でベルナルドみたいなクズが育ったんだろ。

オリオンがクズになったのもベルナルドが理事長になってからの模様。ベルナルドはサッカーをビジネスの道具として金もうけをするためだけにクズな行為をしていたようだ。つまり影山のような辛い過去とかもなかったってことか。世界中の子供たちを救うというヴァレンティンの教えはしっかり守っているとはいえ、呆れるほどのクズにしか見えない。

新条はそんなオリオンを変えるために一星をオリオンジャパンに送りこんだり、オリオンのせいで落ちぶれた金雲を仲間に引き込んだり、士郎に頼んでスパイしてもらいオリオンジャパンの情報を貰っていたり、士郎にオリオンの訓練生のふりをさせてオリオンの不正を調査したりしてもらっていたようだ。

一方ベルナルドに反乱してしまったフロイは一星と夕焼けのベンチで話をしている。本当に仲いいのね。ここでフロイの過去も判明。フロイは元々身体が弱かったようで、そんな時にバレンティンがフロイにサッカーボールを渡し、病気と闘い夢に向かって走るよう導いてくれたようだ。

また、ヴァレンティンは心が貧しいことがかわいそうなことだと幼少のフロイに説いているが、それなのになんで金の亡者ともいえるベルナルドの心はものすごく貧しいんですかね?ベルナルドがクズになったからフロイだけは正しい方向へ導こうとしたのだろうか?そんな話の後フロイと一星はオリオンとサッカーの両方を救うことを誓った。

革命の手始めにフロイはマリクに本当のサッカー明日人と共に本当のサッカーについて説得しマリクが背負わされたオリオンへの恩を返し、アルテミスの矢になって闇に染まったオリオンを救おうと伝える。葛藤の末、マリクは協力してくれることになったようだ。これでマリクは更正の道が見えたな。うん、やっぱフロイは最高だ。

次はフランス戦の模様。フランスが決勝リーグに上がってきたのって初めてじゃん。それにオリオンの息がかかってないって事は良いチームって事か。ジュリアンのようなイケメンや美人の女子選手いるかなって思ったら次回予告で不穏な空気が・・・俺たちの前に現れたのはの意味次第で変わってきそうだけど。鬼道さんが最後の追加メンバーを連れて戻ってきたという結果でありますように。

必殺技講座

今回は無し。

今日の格言

発言者:フロイ

「ゆっくりでもいい一歩ずつ前進すれば必ずゴールにたどり着ける。」

身体が弱かったけどここまで強くなったフロイだからこそ言える言葉だなって思う。フロイは幼少期にヴァレンティンの教えがあったからこそ、ベルナルドから離反して正しい道を歩むことができたんだと私は思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク